和気史郎 「静虚」 油彩画 30号 

¥ 230,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※100,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

 サイズは大きめで飾る場所を選びますが、癒しの空間づくりにおすすめの作品です。

 奈良・京都の雅にあこがれ苔寺や能の世界を描きつづけ、『狂気と正気の間の芸術家』と賛辞された和気史郎画伯。その幻想的な色彩とマチエールの融合は魂を揺さぶります。
 この作品の画題は「虚静」で、”心に先入観やわだかまりがなく、静かで落ち着いていること”を見事に表現しています。

作家名 和気史郎
作品名 静虚

<作品>
サイズ:F30(90.9×72.7cm)
技法:キャンバスに油彩
署名:作品左下にサイン、キャンバス裏に画題と作家名
状態:良好

<額縁>
サイズ:101×82.8cm
状態:古径の高級額縁、少々擦り傷がありますが概ね良好
その他:透明アクリル板あり、黄袋・さし箱

<略歴>
和気史郎 (わけ しろう)大正14(1925)~昭和63(1988)

1925年 栃木県出身
1952年 東京芸術大学油絵科(安井曽太郎教室)卒業
1957年 独立賞受賞
1959年 独立美術協会会員に推挙
1968年 日本洋画壇展招待出品
1973年 安井賞候補展出品
1976年 ヨーロッパ各地を取材旅行
1977年 写真家・入江泰吉と写描展
東京、大阪、福岡、広島各地で個展開催
    中国(北京・桂林)旅行
1987年 栃木県塩谷郡に和気史郎記念館開設
1988年 独立美術協会審査員