【送料無料】向井潤吉 「ヴァイオリンを持つ少女(鰐淵晴子)」 油彩画 10号 鑑定証書付き

¥ 750,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※100,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

 ライフワークとして民家を描き続けた向井潤吉画伯が、週刊朝日「表紙絵コンテスト」の企画で、女優でバイオリニストの「鰐淵晴子」を描いた作品の1枚です。

【作家名】向井潤吉
【作品名】ヴァイオリンを持つ少女(鰐淵晴子)

<作品>
【サイズ】10号(52.2×41.1cm)
【技 法】キャンバスに油彩
【署 名】公式「浜田美芽(遺族)」鑑定証書取得済み。作品左下にサイン、作品裏木枠及び額裏に制作年(昭和31年)と署名。
【状 態】経年感はありますが、描画面にキズやヒビはなく良好です。

<額 縁>
 おそらく制作当時からの額と思われます。額縁前面には濃紫色のベルベットが張られ、保護ガラスのない仕様です。
【サイズ】76.2×64.2cm
【状 態】経年感があり劣化は見られますが、絵と非常に調和しています。
【ガラス・アクリル】なし(仕様)
【箱・その他】さし箱・黄袋付き

<略歴>
向井潤吉(むかい じゅんきち)1901(明治34)年~1995(平成7)年
1901年:京都生まれ
1914年:京都市立美術工芸学校に学ぶ
1916年:関西美術院に学ぶ
1919年:第6回二科会展に初入選
1927年:渡欧、ルーブル美術館で模写に没頭する
1930年:帰国、第17回二科会展に滞欧作を特別出品し樗牛賞を受ける。
1933年:世田谷区弦巻にアトリエを構える
1937年:陸軍報道班員として戦争記録画の制作に従事
1945年:行動美術協会を創立、ライフワークとなる民家シリーズの制作が始まる。    
1959年:渡欧、ヨーロッパ各地を写生し巡る
1961年:アトリエを不審火で消失、貴重な作品・資料を失う    
1962年:アトリエを再建(現在のアトリエ館)
1966年:訪中日本代表団の一員として、北京、上海、蘇州などをめぐる
1974年:画業60年記念向井潤吉環流展を開催
1993年:向井潤吉アトリエ館開館
1995年:没